上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまたま「戦争を知らない子供たち」を耳にしました。

戦争が終わって僕らは生まれた
戦争を知らずに僕らは育った

大人になって歩き始める
平和の歌を口ずさみながら

僕らの名前を覚えてほしい
戦争を知らない子供たちさ

現在60代後半の北山修が作詞
作曲は杉田二郎、北山修と同い年

メロディラインもさることながら
作詞が見事なんだと、今さら感心した。
平易で簡潔でストレートに大事なことを伝える。

私も元戦争を知らない子供たちの一人で
今は、戦争を知らないおばさんですが

願わくば、戦争を知らないバーサンになりたいですね。

でも、かなりヤバイですね、これからの日本・・・・・・

安保に関する一連のドタバタ
憲法違反でしょう。
どんなに大変でも手順きちんと踏んで決めなきゃダメでしょう。
国民投票しなさいよ。
その結果だったら日本国民も受け入れると思う。
民主主義って過程が大事なのです。
手間がかかるのは分かってて、聞く耳持たずパワーで押していいわけない。

安倍総理の面前で憲法は最高法規ですよと教えてあげようかな。
スポンサーサイト
昨日、箱根駅伝の予選会があり
ライブでテレビ見てました。

母校、法政大学の予選会通過をいのって

結果、12位で予選落ち、残念です
来年の箱根駅伝に法政大学は出ないのです、当然ながら・・・・・・・・・

シミジミとがっかりしています"(-""-)"

出場選手、10人全員力が発揮できず厳しいとの監督の感想を聞いて
最後の出場枠の10位に一縷の望みを託したのですが・・・・・・

東京農業大学と法政大学と創価大学の争い。

最後のイスに滑り込んだのは創価大学、初出場だそうです。

東京農大の大根踊りも見られないんだなぁ
でも、創価大の初出場、おめでとうございます。
まずは襷が繋がる事が大事かと思います。

次女の住む藤沢は、住いの目と鼻の先が箱根駅伝のコースなので
復路は見学に行こうかと思っていたけど、法政復活まで待ちますわ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします


なんだか、今さらの感じもある
ノーベル物理学賞ですが・・・

私、物理、履修していません。
理数系はできません。苦手というレベルを超えてます。

そんな私でも、20世紀には不可能だと言われた『青色発光ダイオード』
それを20世紀中に成功させた中村修二先生、ニュースステーションで、その先生が
勤務先の日亜化学から米国へ行ってしまうまでを観ておりました。

何にもわからない私ですが、とにかくすごい事なんだってことは実感してたから
またまた『頭脳流出』かぁ、中村先生もアメリカの方が生きやすいのかなんて
考えながら、「青色発光ダイオード」を連呼していて、夫に『なんだそれ?』と聞かれ
『とにかくすごいのよ、』と訳わかんない返答してました。

中村先生、キャラがっ際だっておられます。
その後の、古巣の日亜化学を相手に訴訟を起こしたことは有名。
報酬と日本の研究者の待遇改善を世に問うたのでした。

中村修二先生しか、青色発光ダイオードに関して知らなかった私ですが

行政書士としてスタートのとき、S弁理士と机を並べることになりました。
S弁理士のクライアントには名城大学があり、月一は名古屋に出張してました。
当然、青色発光ダイオード関連の仕事なので、
中村修二先生も確かに偉いけれど
もっとすごいのは、青色に発行させることに最初に成功させた赤崎教授なんだと
S弁理士から聞いておりました。(話の流れ合ってると思う・・・)

製法を進化させて、実用化した中村先生もスゴイけど、
前段階の赤崎教授、天野教授の功績があってこそだもんね。

ノーベル賞に関して、中村先生は若いから問題ないけれど
検証にはある程度時間をかけるし、赤崎教授は高齢であらせられるので
受賞、間に合うかなぁなどと話しておりました。

赤崎教授、御年85歳。
生涯かけた研究が報われて、こんなにめでたい事はありません。

正式発表の前日に、たまたま出張で名城大学に行っていた
S弁理士によると、赤崎教授の受賞の一報が入り大学全体で
喜んでいたそうです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします
先日、電車の事故でダイヤが大幅遅れで

当初、横浜行って面談の予定が全然、間に合わない。。。

面談キャンセルとなり、ハテ、どうしよう………

お昼でも食べようと約束しつつ果たせないでいた社労士のお友達に
都合を聞いてみたら、お弁当持参してるけど、お互いタイミングがなかなか合わないので
ランチすることに(お弁当どうしたんだろう?)

久しぶりで話は弾み
個別の状況の違いはあれど、これからの仕事の展開や
その厳しさ等、見通しの悪さも、
野菜の美味しさを堪能しつつ
日本経済と老後を憂いつつ
明るく話しておりました。

何とかしぶとく生き残るぞ。。。

消費税に話が及び
友人は経理畑が長く、数字には強い。
ヤッパリ、3%アップの影響をひしひしと感じるとのこと。

イタイよね~~~
スーパーのレジで
あれそんなにいくの?と
合計金額に驚くこと驚くこと。

計算は得意の友人も同じだそうで
節約でお弁当持参するようにしてる
飲み物も水筒でとなるとバックが重くなるし思案中だとか。

11月15日、アメリカ駐日大使として
キャロライン・ケネディ氏が着任した。

ご本人は弁護士であり、執筆活動はしていたものの
政治とは無縁だったので、本国でも、いきなりの日本大使抜擢で
危惧する意見もあったそうです。

それもまた無理からぬご意見かとも思うが
なんといっても血筋がねぇ

ジョン・F・ケネディの娘ですからね。
父が暗殺された時彼女は小1ぐらいかしらね。
弟は3歳ぐらいで、葬儀のとき敬礼する姿が世界中で涙を誘ったのでした。

ケネディ駐日大使は、母ジャクリーンの再婚、叔父ロバートの暗殺,
叔父エドワードの自動車転落事故、弟ジョン・F・ケネディジュニアの飛行機事故死、Etc... 
とてもとても耐えられそうもない事ばかりなのに、しっかり人生歩んだのよって感じです。 


100.jpg


そしてそして、イケメンの息子!!!

大統領はケネディ家の野望

息子を米国の大統領にという母の野望の第一歩としての
駐日大使なのかな?                                                                                             にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。