上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理研究家の小林カツ代先生が亡くなった。

享年76歳。

夕方のニュースで知りました。

小林カツ代先生、病気でテレビとか雑誌とか
表舞台から姿を消してから、ずいぶん経つ。

ニュースでは2005年にクモ膜下出血で倒れて以来、闘病中と
報じていた。

好きだったなぁ、小林カツ代先生。

私、お料理、わりと好きですが
先生の現実に即して実践的なコンセプトは
ホントに役に立ちました。

お節作りも、重箱に綺麗に詰められたデパ地下のお節を
まねて作ろうなんて張り切っても後悔するだけ…
家庭には家庭のお節があると主張してたわぁ。

それと目から鱗の青菜のゆで方ですが
ホウレン草とか小松菜、固い根から先にお湯に入れる方法が
まかり通っているし、、私もうそうしてた。

でも、先生はの方から先に入れるゆで方なのです。

この方法だと、お湯の中でバラバラにならず
後から揃える手間が省けて、すこぶる便利です。
試してみてね。

子供のお弁当も、必要以上に飾り立てる事には批判的だった。
彩りよく栄養価に富んだお弁当が子供には一番。
なぜなら成長期なのだから…

キャラ弁について、先生の意見を聞きたかった。

息子さんのケンタロウ氏も闘病中で、復帰はどうなるのか?

ファンとして、追悼の気持ちを込めて何作ろうか、思案中。

合掌。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。