上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再放送されます
NHK総合テレビ
2013年4月15日(月) 25時25分~26時10分

4月9日(火)22時から放映されました。

私、観ました。
その日、事務所で同じ犬好きのK先生に聞いてみました。

原発の影響で岐阜に引き取られている犬たちが
800キロの道を2日かけて、福島県飯舘村に
2年ぶりに帰ってご主人たちに再会するドキュメンタリー

「NHKでやるけど観る?」

即答で「観ない。観ない方がいいよ(私に)」

つらい内容だってわかるからね、私も観ない方なんだけど…

でも観た結果、全体に淡淡として
だからこその哀しさはあるけど、いい番組だったと思う。
静かに画面と向き合えました。

2日かけて滞在は3時間。
犬たちは飼い主を忘れていなかった。
シッポを振って顔をペロペロしたり
多くの駐車してある車の中から迷いなく
かって飼い主と乗っていた車に乗り込んだり

3時間なんてあっという間なんだね。。。

犬たちは聞き分けよく順番に”ハウス”の掛け声で車に乗り込む。
最後まで飼い主に寄り添うようにしていても
実に素直に従う姿が何とも言えなかったなぁ。

切ないですね。

岐阜のNPO法人の代表も言葉少なく、挨拶していた。
健康に気を付けて、皆さん、また面会に連れてきたいという主旨だったと思う
静かに激することなくの言葉でした。

受ける飼い主側も涙だけれど、如何ともしがたい思いを抑えざる得ない…
万感の思いは感じられました。

放映後の感想などネットで見てみたのです。
やはり、切なかった、泣けた、つらかったなどが多いのだけれど

再会は犬にとって残酷だとする意見や
飼い主さんはなぜ会いに行かないのだろう
自分だったら、なにがなんでも犬と一緒に暮らせるようにするといる人もいる。
当然、あるべき意見だと思う。

番組はタイトルにあるように犬側からの視点に立った作りだったから
飼い主さんの個別の事情に深くは触れていなかったし、もしかして
批判されることも覚悟の上で番組に出演されたのではと推測するのだけれど…

岐阜で犬を預かっているNPO法人の代表も
こんなに長期間預かることになるなんて予想もしてなかったわけで
震災後、対面かなわぬまま天国へといってしまった飼い主や犬がいる現状に
悩んで面会に行こうと重い決心をされ実行した。やはり批判も予想されていたのでしょう。

私は、再会できて良かったと思う。

番組は、再放送されます。ご覧になってください。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。