上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやはや、呆れましたね、橋本さんには。

唖然、茫然、慄然の三連発だね。

どうしたんでしょうね、今回の発言も計算づくなのかな?
ここらでだれた空気を一新すべくコマしたろうかなんてノリで
言ったのかしらね?

今回は違うみたいね、つい調子に乗ってしゃべっちゃったんだと
私は、睨んでいる。

アメリカも面食らった様子で、リアクションにお困りだし
そんな余計な心配するなら、自分たちの問題、山積だろうよ
解決しろよと言いたいんだろう、きっと。

政治家としてあまりに品位に欠ける発言ですよ。
みんな本音では同じように考えているって、あなた。
本音だけ言えばいいってもんじゃないでしょ
政治家なんて、建前そのものじゃないですか

どうするんだろ?

ところで、だれが考えたか知りませんが
慰安婦ってイヤ~~な言葉ね。

慰め安心させる婦人ってこと?女をバカにしてると思う。。。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

先日読んだ『永遠の0』という本には第二次世界大戦時の
兵隊さんの苦しみが書かれていますが
その本にちらっと慰安所という言葉が出てきました。
言葉が出てきただけで、それについては何も触れられていないのですが
男性の視点からは
第二次世界大戦時の慰安婦の視点というのは、完全に抜け落ちているのだろうなあと思いました。
2013/05/15 18:49 |わたゆき #-URL[ 編集 ]

橋下発言

ブログの記事にコメントあざ~っす☆

橋下発言についてですが、発言の賛否両論はありますけど、「慰安婦問題はなかった」と言ってる輩は何やってるんでしょうね。全然出てこない。

死刑廃止問題もそうですけど、誰も何も言わない時は思いっきり自論を振りかざしてるのに、一旦物事が表面化したらウンともスンとも言いません。こういう時こそ出てこないと。

アイデンティティと戦争を是非読んでください。慰安婦問題に真正面からとらえている珍しい本です☆

2013/05/15 22:28 |三毛猫 #-URL編集 ]

波紋ひろがってますね

>わたゆきさんへ

読み方違うけど、百田尚樹、今一番旬な作家でしょうね。
男性の作家が描く女性は理想像になりやすいのと同じで
都合の悪いことは視線すら感じられないと思う。
その点、女性はシビアですよね、女流が描く女性は、ときに
身も蓋もない描き方してますよね(笑)

従軍慰安婦って存在自体、否定してる方たちがいます。
理解できない。。。
あったことは自明だと思うのです。
2013/05/16 18:37 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

ぜひ読みます

>三毛さんへ

確かにいらっしゃいますね。
従軍慰安婦の存在自体、認めない方たち。
なぜ否定するんだろう、理解できない……
自明のことだと思います。同じことだけど何度もコメします。

従軍慰安婦、ありましたよ。

初潮が始まる前に連れてこられ働かされたなんて
ホントに涙でますね。

アイデンティティと戦争、読みますよ。
ジェンダー、興味ありです。
2013/05/16 19:06 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。