上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうろぎ

長呂儀です。
黒豆の大事な相棒です。

これもとても不思議でした。
形が自然にこんな風になるなんておもしろいですね。

最初から巻貝みたいな形なんですね。
さすがに食紅で着色しているので実際は白です。
これまた正月料理に登場するユリ根と似たお味らしい。

フランス料理の付け合せに登場するそうです。
白のままならクリーム煮なんて良さそう・・・

栗きんとん

栗きんとんです。
なんだかあんまりうまく撮れません。

練り上げたばかりです。もう一鍋あります。
5家庭分なので、金時芋が5本(約2キロ)必要です。
スーパーなどでは、金時芋はすんなりした形のものが
1本298円!!!!!高い~~
夫が見つけた八百屋さんで、なんと1本100円。安いでしょう。

それにね、栗きんとんは舌触りが滑らかでないといけないのです。
そのためには、芋を輪切りにした断面の内側に出来る”輪”を
削り取るように皮を剥くのがコツ。
そんなわけでスマートなお芋ではダメなんです。

滑らかにするには、やっぱり裏ごししないといけません。
一時、ブレンダーでブィンブィンしたのですが
結局、繊維を残したままなので意味がない。
繊維を除去するには、やはり裏ごしと納得したのでした。

それとさらにコツなんですが
分量の砂糖も一緒にあら混ぜして
裏ごしします。
砂糖ってざらつきますから。

ただ量が増えますので
裏ごしが大変なのです。

やっぱりここは男手がベスト。
夫と次女の彼氏に頑張ってもらいました。

我が家のきんとんは市販のものより、栗の甘露煮ゴロゴロ入っています。

今年もうまくできました。

黒豆と栗きんとんは
亡くなった義母が教えてくれました。

私流にアレンジして、義母のやり方ではなくなっているけれど
年末に黒豆と栗きんとんをつくるのは
義母の供養だとおもっています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
こっちもポチしてね、オネガイ
スポンサーサイト

これが

アキバの行政書士さんの
あの!ご自慢の栗きんとん( ̄ー ̄☆キラリ
美味しそうですね。

裏ごしと大根下ろすのは
間違いなく男性の仕事です(キッパリ)

今年は
温かいコメントありがとうございました。
どうかよいお年を!
2010/12/31 17:31 |りんだ #-URL[ 編集 ]

わかりましたか

りんださん

そうです、あの栗きんとんです。
写真がうまく撮れなかったのですが・・・
良かったわ、美味しそうって言ってもらって。

来年は栗の渋皮煮作ってみます。
そして、りんださんへのコメントもします。
宜しくです。

良いお年を。
2010/12/31 19:05 |アキバの行政書士 #-URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。