上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新社会人になったとき
怖がらずに電話はでることって
教えられました。

電話対応ができるようになれば
一人前。
どんなところが取引先なのか
どんな取引内容なのか
etc,etc.
ちゃんと把握しとかないと

対応できないですからねぇ。

最近、事務所のポストに
電話秘書サービスのチラシがはいっていました。

S弁理士は依頼したいなぁ
社労士のO先生もいいわよう
でも、業者によってはひどいことに…

声だけで仕事するんだものね
誰でもできるわけじゃないし
吟味が必要

生命保険の営業所で事務をしていたとき
本社で事務研修があり、でようとしてたときに
電話があり。保険証券がきたけれど聞きたいことがある。
70歳の主婦の方で担当営業は外出中。
私が対応するしかない。

時間は迫っているし
自分はそんなつもりなく、丁寧に対応してるつもりだった
でも、イライラした気持ちがでてたんだろうなぁ
モタモタしているし
「どこをご覧になっていますか」の問いかけが

「どこ見てるんですか。」
と事務の人に言われたと営業さんに訴えて

翌日、所長からどうしたんだと聞かれました。
もう一人の事務が
ちゃんと「どこをご覧になってますか」言ってましたよと証言。
所長もどないしてこうなったんだろうと確かめにきたわけです。

そうか、そうか
こっちは急いでるのに
電話の相手がモタモタして
イライラしてたことは事実。

それが伝わったんだなぁ
それで「どこ見てるんですか」になったんだ。

電話対応って恐るべし。再認識しました。

所長も謝罪の電話「誠に申し訳ありません」
イスにひっくりかえって口先だけだったら
見透かされてておこられたそうです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
こっちもポチしてね、オネガイ
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。