上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は終戦記念日です。
66回目を迎えました。

高齢化に伴い戦没者の妻の出席は1%に満たない。

実際に兵役につき、存命な方も少なくなる一方です。
今のうちに、聞きたいことがあれば聞かないと…

私も聞いておけば良かったと思っています。
実父はギリギリで召集されずにすんだので、
父ではないんです。

私が、某銀行の外回りをしていたときのお客様です。
最初にお目にかかったとき既に80過ぎてたSご夫婦といいます。

すでに商売は譲られていましたが、駐車場など不動産の賃貸料
投資信託の分配金、年金など毎月、黙っていても収入があり、
お金もちなわけです。だから私のお得意様だったんですけど…

夫人が脳梗塞で足が不自由なので、旅行に行かれなくなり
元気なら海外旅行にたくさん行くのに”お金使うとこないなぁ”と
Sさん言ってました。結局、貯まる一方でした。

Sさんは、大変元気で頭脳も明晰、夫人に代わって家事一切を
引き受けていました。私が、訪問すると小さめのお盆に白玉入のおしるこに
白菜漬けが小鉢に少し、おしぼりも添えられて、おもてなし完璧。

戦後、復員してから一代で商売を成功させ財を築いたSさんですが、
えらぶったところが皆無で、明るくて、大変、柔軟性のある人でした。

お料理の本をプレゼントしたら、非常に喜んでくださり、
レパートリーを増やしてました。

仕事に専念できたのも夫人のおかげ、自分の両親の面倒もみてくれたし、
体が不自由になった夫人に代わって家事ぐらいやらなきゃと
なんの気負いもなく言ってましたねぇ。
そして有言実行。

なかなか、こうはいきません。
Sさんのこの切り替えの早さ、フットワークの軽さなど
感心しきりでしたね。

復員後の商売の展開も、この伸びやかな精神が成功へ導いたんでしょうね。
それこそ、リヤカーに品物つんで、欲しがってるところに持っていくと
あっという間に捌けたそうです。
具体的には、役所には文房具とか、そのうち相手から注文がくるようになり
商売が成功したのです。

Sさんは、結局、夫人を見送り、一人暮らしをしていたのですが
認知症状がみられるようになり、娘さん宅の近所のホームに現在はいます。

Sさんとは、いろいろな話をしました。
夫人が亡くなってからは、芸者さんとつきあった顛末、
バレてないと思っていたら、夫人は知っていたみたいとか
盛り上がって話はずみましたね。

Sさんは、復員してきたわけですが、
所属部隊で生きて日本に帰れたのは
ほんとに僅かだったそうです。

Sさんは、表に出さなかったけれど
生きて日本に帰るという思いは強固だったようです。

戦局が厳しくなると、仮病で入院したりなんてことも
あったらしい…それと生き延び安い階級とポジションが
軍隊にあるみたいだったし、じっくり話、聞きたかったなぁ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。