上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書の秋です。

9月6日の記事で、待ちに待った、首を長~~~くしてた

宮本輝著「慈雨の音ー流転の海 第六部」が出た喜びを書きました。

ハードカバーで2,205円、まだ購入していませんが、
先日、実家で弟が、もう買いこんでいることが判明。

ラッキーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次は私で決定。今度こそ、じっくり読むぞ。


弟が突然

「エビハラタイチ知ってる?」

海老原太一は第一部の流転の海から登場している。

名前に記憶はあれど、読んだの何年前よ

弟いわく、重要な人物で前の背景がわからないとしっくりこないので
1~5部を用意して平行して読んでるそう…

人間関係の相関図が欲しいって言ってました。

無理もない、とにかく登場人物が多いのよ。

宮本先生、人間は一人ひとりに固有の人生があるから登場人物が多くなる、
そんなことを話してました。

早く読みたいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

おはようございます。登場人物が多くまた話が長い、次回作まで期間があくと「誰だっけ?」ってありますよね。以前「銀河英雄伝説」の話に「名前を覚えた頃にはみんな死んでいた」という読者のコメントがありました(笑)
昨日本屋さんで「骨の記憶」探しました。読みがいがありそうな厚さですね。中古になるのを待ってます!
2011/09/30 07:39 |オスカー #-URL編集 ]

ありえる・・・

> おはようございます。オスカーさん

銀英伝は有名ですよね、長いもんね。アニメは声優さんが超豪華で別の意味で伝説だそうで、
亡くなった声優さんもいるからなんでしょうね。
流転の海シリーズも、講演のあとに老婦人から完結まで読まないとあの世にいけないって
訴えられたって宮本輝先生書いてた、私もブログに書いたわね。気持ちわかります。

待ち望む本があるって幸せなことです。
「骨の記憶」ぜひ読んでね。
2011/09/30 10:13 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。