上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は参議院選挙です。

私は選挙権を得ていらい、棄権したことはありません。
あたりまえのことですが、
私の知人で投票所の小学校の真裏に住んでいて、
それでも一度も投票したことが無いって人がいます。
非国民じゃないかと言ったら、このままを貫くんだそうです。

私も、とくに高邁な精神があるわけではないのですが、
憲法を学んだものとして、やっぱり棄権はいかんと思います。
マッカーサー元帥は日本女性にはよい事をしてくれました。
婦人参政権です。せっかくの好意、無駄にしてはいけません。

1993年5月23日~28日までカンボジア全土で総選挙が行われた。
国連監視のもとではあったが、
1989年ベトナム軍撤退、1991年パリ和平協定をふまえての実施であった。

その頃、私は、専業主婦だったのですが、
ある日の新聞にカンボジアの選挙の様子として
一葉の写真が載っていました。

その写真は
地雷で片足を失った青年が
投票を終えて数キロさきの村へ
松葉杖をついて帰る姿でした。

見返り美人よろしく振り返ったその顔は
まさしく
破顔一笑
投票した満足感に溢れていました。

その写真はピュリッツアー賞に輝くような写真ではなく
平凡な報道写真でしたが、その時私は、明確な自覚を持ったのです。
「今後、棄権は絶対しない。」って。
はるか遠い国の名も知らぬ青年の投票への意気込みが
距離を越えて
日本のどこにでもいる専業主婦の私に届いた瞬間でした。

明日は選挙です。一票を投じましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。