上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012010415580000 2390x320)
0004l (320x240)

縛られ地蔵を紹介します。
ウチの近所、東水元の南蔵院のことです。

うえの写真は、縄でぐるぐる巻きにされたお地蔵さまです。
顔まで縄で縛られ、まったく姿が見られません。

願掛けに縄で縛るのです。1本100円です。

なぜ、お地蔵さまがこのようになったのか
大岡越前は名奉行として有名ですが
その名裁きのなかに”しばられ地蔵”があります。

南蔵院は、当時墨田区にあり、夏の日に日本橋の
呉服屋の手代が荷車に反物を積んで運んでいました。

南蔵院の前で休憩を取り、お弁当をたべたところ
風が心地よく、つい寝入ってしまいました。

手代が目覚めたときには、反物が消えていました。
あわてて奉行所に駆け込みました。
しかし、調べても何の手がかりもつかめず
大岡越前はなんとお地蔵様をけしからんということで
お縄にして市中をひきまわしました。

興味津津の江戸の人たちは、ついに南町奉行所まで
入り込んでしまい、門が閉まり
越前の「お白州の場にまで入りこむとは、おまえたち
過料に処する,お金の代わりに反物を持参せよ」

江戸の人たちが持ってきた反物の中に、手代に確かめたところ
盗まれた反物があり、ここから糸口がつかめ窃盗団がつかまりました。
一件落着。

それ以来、願掛けに縄でお地蔵様しばるようになりました。
大晦日だけ、縄解きの法要が営まれお地蔵様の姿が見られます。
下の写真が、縄解きの法要の様子です。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。