上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おおかた予想していた通りじゃないでしょうか

死刑確定しました。上告棄却です。
最高裁第一小法廷での合議体で決まったのですが、
全員、死刑としたのか、その点が今の段階で私、わかってません。

まだ、仕事中なので…

三時に分かると知って、死刑確定は知りましたが。

これから、家に帰って気持ち落ちつけて情報に接します。

長かったと思います。

2000年の3月22日に山口地裁の一審で死刑求刑に対して無期懲役でした。
翌日の3月23日は次女の小学校の卒業式で、私は仕事を休んで
朝のTVニュースを見ながら、洗い物や洗濯、身支度と忙しくしてました。

そんな時、山口地裁の判決を受けて本村さんが
記者会見に応じている映像に固まってしまいました。
こんな若い青年が学生でも通る20代前半で
重い人生を背負っていかなければならない…
実際、本村さんは、犯人の少年に対する、
やり場のない感情と死ぬ思いで対峙していかねばならない
と涙ながらに、でもキッパリと話してらしたと記憶してます。

痛ましかったです。

もうすぐ36歳になられるんですね。
やはり、長かった…

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

僕がちょうど中学生の頃にあった事件ですね。時の流れって残酷ですね。。。
2012/02/20 19:51 |kouchan #-URL編集 ]

長かった

本村さんが、少年っぽさすら感じる青年だった頃からの
成長と戦いの歴史を見て来た気がします。
でも判決が出ても、執行までは終わりじゃないですね。きっと。

現政権のままでは、執行はいかに。
2012/02/20 21:49 |りったん #-URL[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/21 01:40 | #[ 編集 ]

最初にこの事件を知った時、なんと残忍なと思ったのを覚えています。

本村さんの「死刑判決を聞いて満足ですが、喜びはありません」というコメントを聞き
やるせない気持ちになりました。
2012/02/21 14:10 |わたゆき@京都 #s5RVRKAkURL[ 編集 ]

こんばんは。死刑は当たり前だと思う私ですが、再婚されていたことになんだかショックを受けました…いけなくはないと思いながら…無関係な人間の感傷ですね。
2012/02/21 21:55 |オスカー #-URL編集 ]

そうか。。。

> kouchanさんへ

中学生だったんですね。あっという間に時は流れ・・・
命短し、恋せよ乙女ならぬ青年!
仕事に遊びに恋に好きに生きてください。

裁判員に選ばれたらどうしますか?
2012/02/21 23:03 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

どうしてでしょうねぇ

> りったんへ

戦いに大きな一区切りはつきましたね。
本村さんは、ご自身のことを強くない、弱いから
必要以上に堅苦しくなるって語っていました。

でもね、こんな過酷な孤独な戦いを真正面から
対峙してこれた原動力は、なんだったんでしょうかね。

いいご縁に恵まれたようで良かったです。

法務大臣は死刑反対の人は就任してはダメです。
2012/02/21 23:25 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

心情が・・・

> わたゆきさんへ

犯行の態様、とくに夕夏ちゃんへの行為は聞くに堪えませんね。

本村さんの会見で話されたことは、心情が伝わりましたね。
冒頭でまず、感情を剥き出しにして不快な思いをさせたと謝罪してたこと
満足だけど、喜びなどの感情はない
弁護団に対して、殺意の否認など納得できないことがあるが
少年を守ろうと弁護士としての仕事をしていた
勝者はいない、敗者ばかり

抑制の効いた会見でした。
2012/02/22 00:17 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

支えてくれる方がいて良かった

> オスカーさんへ

本村さんも判決が出るまではと思われてたんじゃないでしょうか
でも、どうしようもなく精神的に疲れ切ってしまったとき
事件から10年経って再婚に踏みきったんだと思います。
ご縁に恵まれて良かったです。
2012/02/22 00:38 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

本村さんはまだお若いので、
良い形での再出発を切に願っていました。
彼が理解あるパートナーに恵まれたことは、ある意味今回の判決よりも
本当に喜ばしいです。
2012/02/22 23:20 |りったん #-URL[ 編集 ]

同感です。

> りったんへ

天国で弥生さんと夕夏ちゃんも
祝福してるんじゃないかと思います。

今回、再婚が公になって、いろんな感情を
抱く方がいるようですが、それだけ多くの人が
本村さんの13年間を気持ちを寄せて注視し続けてきたことの
証しでしょう。

お幸せにと願いましょう。
2012/02/23 08:09 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。