上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月12日に朝日新聞の連載小説「沈黙の町で」が完結した。

作家は、奥田英朗、「インザプール」「空中ぶらんこ」に登場する
とんでもない精神科医、伊良部が、いろいろしでかしてくれる小説が
一番、知られてるでしょうか。私も好きです、笑えます。

奥田英朗、作家として力量があるんでしょうね。
連載小説は、ジャンルが全然、違います。

「沈黙の町で」は、中二のいじめがテーマです。
学校内で中二の男子が転落死する。いじめの可能性が消せない。
4人の男子生徒が逮捕、補導されて…

検察官、刑事、校長、教師、被害者側の親、加害者側の親など
それぞれの状況や建前や本音を実に丁寧に書かれていて

特に、加害者側から依頼した弁護士が秀逸。

1年以上連載して、そろそろ大詰めかと思っていたところ
告知はあったけれど12日で完結……

なんだか唐突な終わり方で、???????

大津の事件に配慮したのでしょうか

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
↑ポッチっとお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

それは残念

タイムリーなテーマだったんですね。
興味が湧きます。
突然の終了が大津のいじめ事件への配慮=加害少年への配慮だったら残念ですね。
2012/07/17 20:45 |りったん #-URL[ 編集 ]

作者は

> りったんへ

連載終わると、必ず作者の「連載を終えて」の記事が載るので
待ってました。16日に掲載されて、書き終えた直後、現実の世界で
いじめ事件が発覚、執筆時と重なったら、書けなくなったかもしれないと
恐怖を覚えたとあります。現実はいつでも小説を用無しにするとも。

う~ん、ほんとに唐突な終わりかたなんですよ。
いずれ、ハードカバーが出版されるだろうから
加筆してるかどうかですね。
2012/07/18 07:52 |アキバの行政書士 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 徒然に気の向くまま all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。